違いは?ラメラブースター処方のすごさ

ハーレストリッチホワイト 特徴 ハーレストリッチホワイトについて

ハーレストはシミ・くすみに効果が期待できますが、他との違いは

有効成分を肌の奥まで届ける”浸透力”の違いです。

ほとんどの美容液は、成分が肌の奥まで届いていない

よくビフォーアフターの写真で、使用後の肌がやたら潤っている写真ありますよね?

あれって実は、肌表面に美容液が残ってしまって、肌の奥まで届いていない証拠なんです。

本当に有効成分を届けたいのは、肌の奥。

でも、肌の奥まで有効成分を届けるには、界面活性剤で肌バリアを一度壊さなければいけないんです。

バリア機能が失われると、乾燥肌や肌荒れなどの原因になります。

食器用洗剤を使いすぎると、手が荒れてしまうのと同じです。

実はほとんどの美容液が、肌の奥まで有効成分を届けることができていないんです。

しかし、ハーレストリッチホワイトは独自のラメラブースター処方で、肌の奥までに有効成分を届けることに成功しました。

ラメラブースター処方とは?

肌の表面には、水と油が交互に折り重なっている層があります。

これをラメラ構造といいます。

ハーレストリッチホワイト ラメラブースター

肌表面のラメラ構造

ラメラ構造は肌のバリア機能になっており、水も油も通さない性質があります。

このラメラ構造おかげで、私たちの体の中に水が入って来ないようになっています。

ラメラブースターとは、このラメラ構造を壊さずに有効成分を届ける新技術のことです。

一般的の美容液では、界面活性剤でこのラメラ構造=肌バリアを壊してから美容液を導入します。

肌バリアが壊れてしまうと、食器洗剤で荒れた手のひらのように、乾燥肌や肌あれなどの肌トラブルを引き起こします。

しかし水と油の両方の性質をもつ「球状ラメラカプセル」によって、ラメラブースター処方では肌バリアを壊さず奥深くまで有効成分を届けることができます。

ハーレストリッチホワイト ラメラブースター

その結果、肌ダメージを与えずにシミやくすみの原因となるメラニンにアプローチ。

使えば使うほどメラニンが消えていき、ターンオーバーの周期でシミのない肌に生まれ変わるという仕組みです。

なので、使ってすぐには肌に潤いを感じられないかもしれませんが、これは心配いりません。

ここまで読んだあなたならもうお分かりかと思いますが、いまいち潤いが感じられないのはラメラブースター処方によって有効成分や潤いが肌の奥深くにグングン浸透しているからなんですね。

有効成分アルブチン

アルブチンは、シミやくすみをなくす効果があると厚生労働省も認可された成分です。

しかし、シミの原因となるメラニンは肌の奥深くにあるため、浸透力が弱いとメラニンにアプローチできません。

アルブチンが含まれている化粧品はたくさんありますが、そのほとんどが

  1. 肌の深くに浸透できずメラニンにアプローチできていない
  2. 強力な界面活性剤を使って肌バリアを壊してしまっている

のという現実があります。

1.の場合、成分が届いていないためほとんど効果がなく、いつまで使い続けてもシミ・くすみは改善されません。

2.の場合、シミ・くすみ対策にはなっていますが、肌ダメージが蓄積され、結局は肌荒れ・乾燥肌の原因となってしまいます。

肌の奥深くまで浸透し、シミの原因となるメラニンにアルブチンがアプローチ。

それでいて肌バリアを壊さない、いいとこ取りなのがハーレストリッチホワイトなのです。

効果が出るまで時間がかかる

使ってすぐにシミやくすみが消えるのは、厚塗りのファンデーションだけですよね。

塗ってすぐシミやくすみが消えるわけがありません。

なぜなら、肌は常にターンオーバー(肌表面の古い角質が剥がれ、新しい皮膚が生まれること)しているからです。

このターンオーバーは、年齢の2倍の周期で繰り返していると言われています。

つまり、40歳の方が完全に新しい肌に生まれ変わるには、80日間(=2.5ヶ月)かかるということ。

なので、ハーレストリッチホワイトを使い始めても、ターンオーバーの周期まで使ってみないと効果がハッキリとわかりません。

人によって多少ターンオーバーの周期は違いますが、私の場合は3ヶ月後でくすみが消えました。

シミ・くすみが気になる方に私と同じ経験をしてほしいので、声を大にして言いたいですが、使って1週間程度では効果は実感できないと思ってください。

長いと思われるかもしれませんが、まずは3ヶ月。

長年気になっていたシミが気にならなくなってツルツル肌になるために、ターンオーバーが完全に生まれ変わるまで試してみてください。

>>【初回1880円~】HERREST公式サイト

コメント